家電リサイクル法の対象品目

一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

対象品目

  1. エアコン
  2. テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
  3. 冷蔵庫・冷凍庫
  4. 洗濯機・衣類乾燥機

家電リサイクル法の仕組み
(特定家庭用機器再商品化法)

対象の家電製品を処分する場合、消費者は小売店に引渡し、さらに、小売店が製造業者に引き渡し、製造業者が新しい製品の原材料や熱源としてリサイクルするという流れになります。

消費者
(使った人)

  • 小売業者に引取りを依頼。
  • 小売業者に必要な料金を支払う。

小売業者
(収集する人・運搬する人)

  • 消費者から廃棄物を引き取る

製造業者
(再生する人)

  • 小売業者から廃棄物を引き取る。
  • リサイクル法に従ってリサイクルする。
熱量等の熱源・原材料・部品