特定健診

 今年で40歳になる方から75歳のお誕生日の前日までの方を対象に、メタボリックシンドローム予防のため特定健診を実施します。
 特定健診は、4月1日現在で加入し、検診当日まで継続加入していることが条件で、各保険者が実施することになっています。町で実施するミニドック検診、JA巡回ドックを利用できるのは、国民健康保険(後志広域連合)加入者となります。
 また、国民健康保険(後志広域連合)以外の保険の被扶養者も町で実施する検診を受けることができますので、受診券をお持ちください。
 国民健康保険(後志広域連合)以外の保険(本人)の方は、それぞれの職場にお尋ねください。

費用

国民健康保険(後志広域連合) 無料
被扶養者 受診券(保険により一部実費負担あり)

年度途中で加入保険の異動があった場合

  • 4月2日以降、国民健康保険(後志広域連合)に異動した場合は、町で実施する特定健診を受けることができます。
  • 4月2日以降、国民健康保険(後志広域連合)から他保険に異動した場合は、町で実施する特定健診の対象にはなりませんが、基本検診として受付しますのでご相談ください。
(検査内容に変わりはありません)