風しん抗体検査及び定期接種(追加的対策)について ~40歳から57歳の男性へ

 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性に、抗体検査・予防接種の無料クーポン券を送付しています。
 風しんの抗体検査を受けて、十分な量の抗体がない方は予防接種を受けましょう。

 風疹の予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。
 しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性は、抗体保有率がほかの世代に比べて低くなっており、風しんにかかる可能性が高くなります。
 成人が風しんにかかると、小児に比べて症状が重くなることがあり、あなた自身が苦しいことに加え、身内だけではなく、電車や職場など人が集まる場所で多くの人に感染させる可能性があります。
 妊娠早期の妊婦に風しんを感染させると、赤ちゃんが『先天性風疹症候群になる可能性』があります。
 そこで、厚生労働省は、風しんの発生とまん延予防のため、抗体が低い世代の男性を対象に、無料で風しん抗体検査及び予防接種を実施することにしました。

対象となる方

 次の1、2の両方を満たした方が対象です
  1.昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性
  2.抗体検査または予防接種を受ける時点で京極町に住民票がある方

 ・令和元年度にクーポン券を発送した方は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性です
 ・昭和37年4月2日から昭和47年4月1日の間に生まれた男性で、今年度検査を希望される方は申請により受けることができますので、健康推進課までご連絡ください。 

風しん抗体検査・定期接種の受け方

 風しんの抗体検査及び定期接種が受けられる医療機関(羊蹄山ろく分のみ掲載)及び受け方については次のとおりです。
 なお、掲載した医療機関以外でも、全国で契約している医療機関で受けることができますので、厚生労働省のホームページ上「風しんの追加的対策」から「風しん抗体検査・風しん大5期定期接種受託医療機関」でご確認ください。
 また、抗体検査を受けた医療機関と、予防接種する医療機関は同じでなくて構いません。