児童手当

 児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的として、児童を養育している方に支給されるものです。

申請できる方

 京極町に住民登録があり、中学校修了前(15歳の誕生日後の最初の3月31日)までの児童を養育している方。

支給額

支給年齢 手当月額 備考
0~3歳未満 15,000円 一律
3歳~小学校修了まで 第1子、第2子
10,000円
第3子以降
15,000円
中学生 10,000円 一律
所得制限以上一律 5,000円 受給者が所得制限(下記表を参照)以上の方

※第3子以降とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

所得制限

扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0 人 622.0万円   833.3万円
1 人 660.0万円   875.6万円
2 人 698.0万円   917.8万円
3 人 736.0万円   960.0万円
4 人 774.0万円 1002.1万円
5 人 812.0万円 1042.1万円

※受給者が施設設置者・未成年後見人または里親の場合、所得制限は適用されません。
(父母指定者の場合は、指定を受けている方(受給者)の所得が対象となります。)

支払時期

毎年、6月(2月~5月分)・10月(6月~9月分)・2月(10月~1月分)に支給されます。

認定請求

 出生、他の市町村からの転入等により新たに受給資格が生じた場合、「認定請求書」の提出が必要です。

添付書類

○申請者の健康保険証のコピー
○申請者名義の預金通帳 又はコピー
○申請者と児童が別居している場合は、監護事実の同意書及び児童の世帯全員の住民票
○その年の1月2日以降に他の区市町村から京極町に転入した方は、前住所地の市区町村長が発行する前年中の所得を証明する本年度の所得証明書(児童手当用、原本)

※本年1月1日にお住まいだった自治体で発行されます。
※源泉徴収票や納税通知書は不可です。 
○その他必要に応じて提出する書類があります。

現況届

​ 児童手当・特例給付を受けている方は、毎年6月1日における状況を「現況届」により提出し、引き続き受給資格があるか審査を受けなければなりません。
必要事項を記入し、必要書類を添付して提出してください。
 この届出がない場合は、6月分以降(10月支給予定)の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

提出書類

全員が必要なもの

  • 児童手当・特例給付現況届
  • 請求者の健康保険被保険者証のコピー

状況により必要となるもの
  • 児童と別居していて、その児童を養育している方
     ・児童が属する世帯全員の住民票
     ・別居監護申立書
  • その年の1月2日以降に他の区市町村から京極町に転入した方
     前住所地の市区町村長が発行する前年中の所得を証明する本年度の所得証明書(児童手当用、原本)
  • その他必要に応じて提出する書類があります。