動物の飼い方について

放し飼いはやめましょう

  • 放し飼いは他の方に危害を加える恐れがあるほか、事故や病気にあう危険性もあるので、絶対にやめましょう。
  • 散歩のときは、必ずリードをつけましょう。
  • 放された犬がキツネなどの糞により、エキノコックスに感染した事例があります。

糞は必ず持ち帰りましょう

  • 道路や公園はみんなのものです。周りの人の迷惑にならないよう糞を持ち帰るのは犬を飼う上での最低限のマナーです。

迷惑をかけないよう飼育しましょう

  • 飼育場所は常に清潔にして、悪臭・蚊・ハエなど発生しないよう注意しましょう。
  • しつけや運動を十分に行い、鳴き声などで周囲に迷惑をかけないようにしましょう。

犬の登録、狂犬病の予防接種を必ずしましょう

  • 犬を飼い始めたら登録しましょう。また、飼い主や住所の変更があった場合なども届けをだしてください。
  • 狂犬病の予防注射は法律で義務付けられています。1年に1回、必ず受けてください。

犬を捨てないで

  • 繁殖を望まない場合は、避妊・去勢をしましょう
  • やむをえず犬を飼うことができなくなった場合は、できるだけご自身で新しい飼い主を探しましょう。
  • 飼育が困難になった場合は、保健所に相談しましょう。