げんきの森育樹会を実施

 京極町森と緑の会(会長 山崎京極町長)は、6月23日に町有林「げんきの森」において、「ローソン緑の募金」の活用により、会員である町内会長をはじめ林友会、みどりの少年団、後志総合振興局森林室やローソンの方々など46名により、育樹活動を実施しました。
 枝打ちは節のない良い木材を育てるための大切な作業で、ミズナラの低い枝を切り落とし、その後3本のサクラの苗を育樹しました。
 枝打ち作業終了後、みどりの少年団はふきだし公園に移動し、元気な呼びかけで緑の募金活動を行いました。